相談実績多数。尼崎、西宮、伊丹で交通事故の相談なら清藤法律事務所へご相談ください。

清藤法律事務所

kiyofuji law office

お気軽にお問い合わせください

06-4961-5055

お問い合わせフォーム

[受付]平日9:00〜22:00 土曜9:00〜20:00 日曜・祝10:00〜17:00 (夜間のご相談は事前にご相談下さい)

HOME > 交通事故における取り扱い事案の種類

後遺障害等級認定

事故の後、後遺症が残るような場合には、後遺障害の等級認定というものを受けます。その結果、〜級と認定された等級に従って示談をすすめていきます。
しかし、認定された等級が低すぎる場合や、そもそも後遺症が認めてもらえない場合があります。その場合には、後遺障害の等級自体を争わなければなりませんが、ご自分でそれをやるのは簡単ではありません。医学的な知識を前提にして、異議申立てという手続、または裁判所に訴えを提起して争う必要があります。
後遺障害等級認定

死亡事故

交通事故で大切なご家族を失われ、平穏な日常を奪われるとともに悲しみや苦しみと戦う日々をお過ごしのことと思います。
一方で、これらの感情に打ちひしがれている暇もないほどの様々な手続きに追われ、「わからないこと」「困ったこと」もたくさん抱えていらっしゃるのではないでしょうか。弁護士に相談することで円滑な法的手続きはもちろん、皆様の不安や悩みも最後まできちんとサポートさせて頂きます。
死亡事故

過失割合

保険会社は、実際の事故の状況を全て確認したうえで、過失割合を言って来ているわけではありません。
典型的な例と比較しながら、一覧表のようなものに従って過失割合を主張しています。しかし、実際には、お話を良く聞いたうえで、警察から実況見分調書を取り寄せて、事故の状況をよく検討すれば、異なる過失割合を獲得することが可能な場合があります。
過失割合

慰謝料

慰謝料の額は、保険会社が自分で決めている基準と、裁判所が使っている基準とでは大きな差があります。裁判所では、青い本、赤い本と言われる基準でやっているので、保険会社の基準より高くなります。
ご自分で交渉をされている場合、保険会社は、自分の基準で提示することが多いですし、簡単には増額をしないので、低い金額で示談をしてしまうことになってしまいます。
慰謝料

休業損害・逸失利益

期間を短くされたり、年収を低く計算されたりすることがあります。
特に、重い後遺症の場合や、お亡くなりになった事件については、大きな差となります。
弁護士が入ることで、それらの金額が高くなる可能性はかなり高いといえます。また、最終的には裁判所で解決すれば、高い基準によることが可能になりますし、判決を獲得すれば、弁護士費用と遅延損害金の支払いを受けることが出来ます。金額だけを見れば、訴訟によって高額の賠償を獲得する方が良い場合が多いのです。
休業損害・逸失利益

自賠責保険請求

自賠責保険は、自動車損害賠償保障法という法律で強制加入になっていますので、全ての自動車は自賠責保険に加入していないと運転することができません。そのため、交通事故が発生した場合、相手方が自賠責未加入の違反車でない限り、被害者は自賠責保険から保障を受けることができます。
自賠責保険請求

治療費打切り

「保険会社から今月で治療費を打ち切ると言われてしまったがどうしたら良いでしょうか?」というご相談をよく受けます。
治療費の打ち切りを言われたからといって、治療をやめなければならないわけではありません。治療費の打ち切りとは、「保険会社の判断で」治療費の一括対応をやめることです。治療費の一括対応とは、加害者の保険会社が窓口になって、治療費を医療機関に直接支払う対応です。
この一括対応は、保険会社が任意でやっていることであって、保険契約上の義務ではありません。後に過失割合などが確定して損害を賠償する段階で、治療費分は支払わなければならないことが多いので、あらかじめ治療費を立替えているのです。
治療費打切り

むちうち症

「むち打ち症」は、主に自動車の追突、衝突、急停車等によって首が鞭(むち)のようにしなったために起こる症状を総称したものです。
しかし「むち打ち症」は、正式な傷病名ではなく、「頸椎捻挫」「頸部挫傷」「外傷性頸部症候群」などと呼ばれます。多くの方は次のような傷病名に診断され、様々な症状がでてきます。むち打ち症の症状は単純に「首の痛み」だけではない場合があります。このような症状も「むち打ち症」の症状です。心当たりのある方は、すぐに医療機関を受診しましょう。
むちうち症

ページ先頭へもどる